メールでのお問合せ >>
 

電話番号 サロンご利用のお客様専用番号
10:00〜18:30(年中無休)
2016年4月18日

エッセンシャルオイルの種類と特徴 第7回フローラル

今回紹介したいエッセンシャルオイルは、『フローラル系』の香りです。
「フローラル系」の香りは、芳香剤・柔軟剤としても使われていることが多いので、
アロマでも人気のカテゴリーです。

 

「フローラル系」は、花から抽出されるオイルがほとんどです。
そのため、採取できる量は限られていて、種類によってはあまり出回らないものもあるので、
少量でも高値がつくオイルが多くあります。
ローズやジャスミンなどは、まさにそれに当てはまり、ちょっと高価になる傾向があります。

 

また香りの傾向は、甘くて華やかな香りがするものが多く、
女性が好みそうな優雅でエレガントなイメージを持ち合わせています。
効能面では、花のやさしい香りのおかげで不安を和らげることができ、
前向きな自信を与えてくれるといったオイルが多くあります。

 

「フローラル系の主な種類」
イリス、カーネーション、カモミール・ジャーマン、ジャスミン、
ラベンダー、キンモクセイ、ネロリ、パルマローザ、ロータス、バイオレットリーフなどがあります。

 

「フローラル系」は、初心者の方から上級者の方まで幅広い方が好みそうな香りがたくさんあるので、
どのエッセンシャルオイルにしようか迷った時には「フローラル系」を選択してみるのもいいですよ。

 

『ジャスミン』

 

フローラル系のなかでも、特に人気が高いのが『ジャスミン』の香りです。
「ジャスミン」のエッセンシャルオイルは、毎年8月から10月頃に白い星形の花を咲かせる
「ジャスミン」の花から抽出されたオイルで、花が咲いた時にしか抽出することができないので、
高価なエッセンシャルオイルとして認識されています。

 

「ジャスミン」の香りは、人々を虜にする魅惑的な香りが特徴で、
甘さとエキゾチックな香りが他のエッセンシャルオイルにはない安らぎを与えてくれます。
「ジャスミン」は本当にいい香りで、エッセンシャルオイルのなかでも最も魅惑で美しい香りの1つ
として数えられているほどなんですよ。

 

こんな時におすすめ!
・リフレッシュしたいとき
・いい香りに癒やされたいとき
・不安があったり無気力なとき

 

「身体への効能」

「ジャスミン」の身体への効能は、マタニティーブルーの改善に効果的と言われていて、
女性の強い味方になってくれます。
また、子宮の痛みを緩和することから出産時に用いられることが多いです。
肌への効能では、モリエント作用があることで、
乾燥肌や敏感肌を改善してくれてうるおいのある肌へと導きます。

 

以上、担当ナカノでした☆