メールでのお問合せ >>
 

第6回 女性ホルモンに注目!スッキリエイジングケア

電話番号 サロンご利用のお客様専用番号
10:00〜18:30(年中無休)
2016年10月16日

第6回 女性ホルモンに注目!スッキリエイジングケア

 

 

まずはハーブについてご紹介です

♡女性ホルモンのバランスを整えるハーブ療法♡

 

 

ハーブ

ハーブ(herb)の名は、ラテン語で「」を意味するherbaに由来しています。

古くから人々の間で重宝されてきました。

 

 

エイジングケアには活性酸素を抑制する抗酸化力」が必要です。

活性酸素によって免疫力も衰え、にもなりやすくなります。

また、動脈硬化などの生活習慣病にもなりやすく、

老化の原因である活性酸素を抑制する力は必要不可欠なのです。

 

 

そこで「抗酸化作用」のあるハーブティーをいくつかご紹介しますね♪

 

 

ローズヒップ

その名の通り バラの実 のことです。

 

レモンの20倍以上のビタミンCが含まれています。

ほどよい酸味と少しの甘みのバランスがすごく美味しいです♡

その他に、ビタミンEやリコピン、カルシウムも豊富に含まれ、お肌の老化やシミを防ぎます。

美肌、美白も期待できます♡

 

 

成人のビタミンcの推奨量は1日、100〜150mgですが

ローズヒップにはその倍以上のビタミンが含まれているので、

手軽にビタミンを摂る事が出来ちゃいます♪♪

 

すごく嬉しい効能だらけですが、

過剰な摂取は下痢などを引き起こす原因になるので注意してくださいね。

 

 

 

・レモンバーム

 

ヨーロッパの南部が原産地。ヨーロッパでは長寿のハーブと呼ばれています。

 

ビタミンはもちろんロスマリン酸、クロロゲン酸という成分が豊富に含まれ老化防止効果抗うつ作用があります。

ハーブティーとしてはリラックス効果のあるレモンのさわやかな香りがします。

不安な気持ちや緊張状態を和らげ心を落ち着かせてくれます

不眠症にもいいので睡眠不足を解消することで美肌生活習慣の改善が期待できるので、

寝る前に飲むのがオススメ◎です。

 

 

 

ローズマリー

 

とても強力な抗酸化成分のロスマリン酸を含んでいます。

ロスマリン酸は若さを保ち脳の活性化を促進する作用があります。

血行を促し、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。

冷え性筋肉疲労リウマチ、神経痛の症状を緩和してくれるとのことです

また、細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、

記憶力集中力を高める作用があると言われています。

 

 スッキリとスパイシー!な味わいがするのもあって集中力をアップさせるのに適していますよ♪